HOME
リンク
サイトマップ
皆で防ごうインフルエンザ

気管支炎

インフルエンザでは、気管支炎を合併症として併発することも多いので注意が必要です。治らない病気ではありませんが、しっかりと治療を行わなければ、完治まで長くかかってしまうのが気管支炎の特徴です。また、慢性気管支炎の人がインフルエンザにかかると、中々治りにくいので、インフルエンザの予防が大切です。インフルエンザが原因で起こる気管支炎は、ウイルス性気管支炎と呼ばれます。

急性と慢性の違い

気管支炎には、急性気管支炎と慢性気管支炎がありますが、90日以内で症状が治まるものを急性気管支炎、それ以上症状の続くものを慢性気管支炎と言います。慢性の場合、数ヶ月から数年間、症状が続く場合もあります。

急性気管支炎

気管支に起こる、急性の炎症全体を指すのが急性気管支炎です。原因はインフルエンザのほかにも、アデノウイルスや百日咳菌、肺炎球菌、A群溶連菌などが急性気管支炎の原因になります。

症状

症状として、先に風邪の症状が現れます。徐々に咳や痰などが出始め、急性上気道カタルの症状が現れます。同時に、軽度の発熱や全身の倦怠感、頭重などの症状を併発することも多く、咳が激しい場合は腹筋が筋肉痛になったりします。

咳の出始めは乾いたようなコンコンという咳が出ます。咳は次第に激しくなり、ゴホゴホとしたものになります。胸に痛みを感じるようになり、胸からゼーゼーとした音がするようになる。ウイルス性気管支炎の場合は、咳と共に白い痰が少量で増すが、痰の色が白から緑や黄色に変ると、ウイルス性気管支炎と一緒に、細菌感染も同時に起こしているサインになります。

気管支炎が重症になると、3〜5日間は抗生物質を使った治療を行っても、高めの発熱が続きます。気管支の上皮細胞をウイルスが傷つけるため、回復にも時間がかかり、咳の症状は最後まで続き、治るまでかなりの時間を要します。急性気管支炎は肺に流れる空気の量が減り、気道が一時的に狭くなる症状も見られます。重度になると息切れが起こり、咳をした後に、喘息のようなヒューヒュー・ゼイゼイした音がします。

診断

気管支炎の諸症状があり、聴診器で聞くとヒューヒューとした音が聞こえ、肺炎ではない場合、気管支炎と診断されます。さらに、気管支炎がウイルスによるものか、細菌によるものかを調べます。ウイルスによる気管支炎の痰は透明か白で、細菌による気管支炎の痰の色は緑や黄色になります。重い症状が見られる場合、肺炎を起こしている場合もありますし、数ヶ月も続く場合は肺がんなども疑って、胸部X線検査を行います。

治療

気管支炎の辛い症状は、咳です。治療はこの咳を抑えるために行います。痰が出ていない咳には咳止めを、痰を伴っている場合は去痰剤が使われます。去痰剤は、気管支の中の分泌物を薄めてサラサラにして、咳をしたときに出しやすいようにする薬です。ですから、痰を出すための咳を我慢してはいけません。急性気管支炎で熱がある場合、解熱剤も一緒に服用します。子供の場合は飲んではいけない成分の解熱剤もありますので、必ず医師が指示した解熱剤を服用するようにしましょう。 インフルエンザが原因のウイルス性気管支炎は、抗生物質を服用しても効果はありません。この場合、抗ウイルス薬を服用することになります。気道内の空気が少なくなって、ヒューヒューしたり、ゼーゼーしている場合は、スチーム加湿器などの吸入治療を行います。自宅では、湯船や洗面器にお湯をはり、蒸気を吸い込むのも効果があります。咳や炎症を抑えたり、感染症を治療してもなお咳が続くような場合は、気道の過剰反応を抑えるために、ステロイド薬を使用します。