HOME
リンク
サイトマップ
皆で防ごうインフルエンザ

副鼻腔炎

インフルエンザに限らず、風邪などでも比較的多く見られる症状として、副鼻腔炎があります。インフルエンザや風邪にかかってから鼻声が続く、鼻に粘り気のある鼻水が降りてくる、頬骨のあたりが腫れたような感覚になり、顔を下に向けると重いような感じがするなど、様々な症状を見せます。慢性的なものは蓄膿症と言われますが、正確には副鼻腔炎と呼びます。

副鼻腔の構造

鼻の周りの骨にある空洞のことを副鼻腔と呼びます。左右対称に存在し、大きさも形も様々です。前頭洞は眉のすぐ上、頬骨中心部分にあるのが上顎洞、鼻腔の両側にあるのが篩骨洞になります。図を参照してください。

急性副鼻腔炎

副鼻腔炎は、副鼻腔に炎症が起きる病気です。鼻腔の周りには、副鼻腔という粘膜で覆われた空洞があります。鼻腔で起きた炎症が副鼻腔まで及ぶと、副鼻腔炎と呼ばれます。インフルエンザや風邪にかかると、鼻腔の粘膜が腫れ、副鼻腔が塞がりやすくなります。こうした副鼻腔の中では中の圧力が低くなり、痛みが起きるとともに、分泌物がたまってしまいます。分泌物が排泄されずにいると、細菌の温床になってしまい、細菌がいることで白血球などの分泌物が集まり、悪循環を呼んでしまいます。風邪やインフルエンザの鼻炎から起こるものを急性副鼻腔炎と呼びますが、この他にも慢性副鼻腔炎や好酸副鼻腔炎、副鼻腔真菌症などがあります。原因は、インフルエンザや風邪で副鼻腔に炎症が起こるからです。炎症で発生した膿が自然に排泄されなくなると、慢性化して蓄膿症と呼ばれるようになります。

症状

急性副鼻腔炎では、炎症を起こしている鼻腔の場所に痛みや腫れが起こります。上顎洞に炎症が起こると眼の下の部分に痛みが起こったり、頭痛や歯痛が起こります。前頭洞の炎症では、額が痛くなり、篩骨洞に炎症が起きると眼の奥の痛み、眼と眼の間の痛み、額に頭が割れるような痛みが起こります。

副鼻腔炎の合併症

インフルエンザの合併症として紹介している副鼻腔炎ですが、副鼻腔炎そのものにも合併症があります。副鼻腔の粘膜にキノコのようなポリープ状のものができる『鼻茸』や、脳腫瘍、髄膜炎、海綿静脈洞血栓症、炎症が眼の周りに及ぶことで起きる眼窩内腫瘍、視神経炎などの視力障害、副鼻腔炎にさまざまな気管支病変が合併する副鼻腔気管支症候群など、様々な合併症があります。

検査と診断

副鼻腔炎の検査は、粘膜の腫れや鼻汁の状態を見ます。また、自然孔に消息子を入れて、膿があることを確認します。また、診断にはX線検査が大変重要です。副鼻腔の炎症は、ほとんどの場合は単純X線検査で診断できます。眼や脳に炎症の進行が考えられる場合には、CT検査やMRI検査が必要になります。炎症の原因を調べるために、鼻汁も検査します。

治療

急性副鼻腔炎の治療は、たまった鼻汁を取り除き、感染の治療を行います。痛みを取り除くための鎮痛消炎剤が用いられます。スプレー式の点鼻薬は短い期間だけ使用します。上顎洞の炎症で副鼻腔炎を起こしている場合は、洞内を洗浄するのが有効的です。鼻と副鼻腔をつなぐ穴が狭くなっている場合、血管収縮剤を使って症状を軽くし、抗生剤を鼻から吸入します。

自分で気をつけること

体力が落ちていると中々治りにくいので、睡眠を十分にとり、体の抵抗力を上げるように務めましょう。いつまでも鼻汁を鼻の中にとどめておかないよう、よく鼻をかんで中の膿を出すようにします。食塩水を使った鼻洗浄は、副鼻腔内を清潔にできますし、湿り気を保つためにも役立つ方法ですので、医師の指導の下、自分でも行ってみましょう。