HOME
リンク
サイトマップ
皆で防ごうインフルエンザ

中耳炎

中耳炎は、風邪やインフルエンザのときに、二次感染として起こすことの多い病気です。耳の中の中耳に炎症が起こるもので、多くは急性中耳炎になります。子供に多く見られるので、注意して観察しなければいけません。

急性中耳炎

インフルエンザで起こる中耳炎は、血行性のものになります。稀に、一般的な中耳炎にくらべ、重症になることがあります。成人よりも子供に多くみられますが、症状、治療法共に、成人と子供に違いはありません。中耳炎に気づいたら、強く鼻をかまないようにし、必ず耳鼻科を受診しましょう。夜間にも関わらず、痛みと熱がひどい場合は、解熱鎮痛剤を飲んで安静にしておきましょう。

症状

乳児が急性中耳炎を起こした場合、言葉を話すことができないため、その様子から気づいてあげなければいけません。インフルエンザの症状の他に、理由もなくグズったり泣いたりし、夜も熟睡しなくなります。まだ言葉を話せない子供は、自分でしきりに耳をひっぱったりしますので、そういった行動で気づくことがあります。言葉を話すことができる子供だと、耳の痛みや聞こえづらいと言ったことを訴えるでしょう。稀に、鼓膜が破裂してしまい、体液や血液が流れ出すと言った、耳垂れを起こす場合もあります。

中耳炎の合併症

インフルエンザや風邪の合併症として起こる中耳炎にも、合併症が起こる場合があります。耳の周りの骨に感染を起こし、痛みが出る乳様突起炎、内耳炎を起こすと難聴やめまいがするようになります。髄膜炎や脳膿瘍を合併すると痙攣などの神経障害が起こります。こうした感染を繰り返していると、真珠腫という皮膚様の組織が鼓膜の周りに生じ、この真珠腫が中耳の骨を壊してしまい、難聴になる場合があります。

診断

中耳炎の診断は、鼓膜が耳鏡で見ると赤く腫れていることから分かります。鼓膜がよく見えるために、耳垢を取り除く必要がありますが、病院に行く前に自分で取り除かないようにしましょう。耳を診察してもらうために行くのに、耳の中を傷つけてしまう可能性がありますので、耳垢をとるのは病院に任せましょう。鼓膜の動きを調べるために、耳鏡についているゴム球とチューブを使い、耳の中に空気を送る検査もします。感染を起こしている場合は、鼓膜が動かなかったり、動いてもごくわずかな動きになります。耳垂れがある場合、ぬぐい液から原因になっている細菌やウィルスの検査も行います。

治療

中耳炎が原因で高熱がひどい場合や、あまりにも痛みが激しい場合、鼓膜の腫れがある場合には、滲出液を出すために鼓膜を切開します。鼓膜を切るという行為に恐怖を感じるかもしれませんが、聞こえに影響はなく、普通切開した穴も自然に塞がるので心配いりません。何度も中耳炎を繰り返す場合、鼓膜を切開して滲出液を出すための鼓膜チューブをつける必要が出てきます。

COLUMN〜耳の痛み

耳の中が痛くなると、すぐに思い浮かぶのが中耳炎ですが、耳の痛みが必ずしも中耳炎であるとは限りません。耳と神経を共有している、周りの組織が原因の場合もあるのです。これは関連痛と言い、中耳炎と間違えやすいものの一つです。その耳の痛みが中耳炎によるものなにか、またはそうでないかは耳鼻科の医師の診断がなければ分かりません。内耳炎、外耳炎それぞれに治療法がありますので、自己判断は禁物です。耳のいた痛みの原因が鼻や喉などにある場合もあり、それらの場所に生じた腫瘍や感染の場合があります。インフルエンザにかかったことをちゃんと伝え、耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。